アメリカンエキスプレスのアメックスカードを徹底比較

更新日:

アメリカンエクスプレスのアメックスカードを徹底比較

アメリカンエキスプレスカード(American Express)は、世界最高峰のカードとして名前が知られていますよね。なんだかステイタスなのは知ってるけど、どうしてそんなに凄いのか、どこが凄いのかなど、アメリカンエキスプレスプレスプレスカードの魅力と真実について紹介していきましょう。

アメックスカードは世界富豪ランキング3位が大株主のセレブカード

カード名 アメリカンエキスプレスカード
カードの種類 プロパーカードと提携カード
国際ブランド アメリカンエキスプレス
ポイントサービス あり
入会特典 アメックスゴールドカード申し込みで最大 20,000ポイント付与
年会費 グリーンカード 12,000円 家族会員は6,000円(カードによって異なる)
付帯保険 利用付帯で海外国内旅行傷害保険 最高5,000万円
お支払い日 引き落とし銀行によって異なる

アメックスカード(AMEXカード)の中身についてお話する前に、アメックスの雑学についてお話しましょう。これを知れば、アメックスカードが面白く見えるはずです。

アメックスと言ったら、小切手のように利用できるトラベラーズチェックの会社としても有名です。

しかし、もっと有名なのが筆頭株主です。株主の名前は、ウォーレンバフェットという方です。聞いた事ある方、いらっしゃいます?わりと有名人です。

なぜなら、彼は2016年の世界の富豪ランキングで第3位だからです。すっごい金持ちで、投資の神様と呼ばれています。

この方、叩けばホコリが絶えず出るぐらい凄いエピソードを持っていたり、ネタが尽きない方ですw。

すごい偏食だったり、名言を残したり…。すごい人なので、さぞセレブっぽい生活かと思いきや、質素でアメックスカードはグリーンの一番ランクが低いカードだそうですw。

金持ちだからと言って、なんでもかんでも高い物を持てばいいって訳じゃありませんよね。神様って言葉が似合う方です。

アメックスは一番ランクが下のカードでも他のゴールドカードと年会費が同レベル

さて、雑学も終わった事で…。アメックスカードの種類からまずは見ていきましょう。

アメックスは、すごく種類が多いんです。それぞれにランクがあり、年会費やサービス、保険も異なってきます。

しかしカード名に「アメリカンエキスプレス」だけ書いてあるカードはたったの2枚です。後はセゾンだったりANAだったりと、違う会社名が書いてあります。これについては次の章で説明します。なので、まずはアメリカンエキスプレスだけ書いてあるその2枚のアメックスカードを見ていきましょう。

年会費 海外国内傷害保険 ショッピング保険 ポイント 空港サービス 備考
アメリカンエキスプレスカード 12,000円 5000万円 500万円まで 100円で1ポイント あり 大富豪ウォーレンバフェットが所有
アメリカンエキスプレスゴールドカード 29,000円 1億円 500万円 100円で1ポイント あり ホテルや旅行の特典が豊富

注目すべきは、グリーンカードです。グリーンはアメックスの中でもランクが一番下で、楽天カードやイオンカードなどの一般カードと同じような分類です。

しかし、年会費が12000円と高額なのがポイントです。この年会費は、時には他のカードのゴールドレベルになるのです。(JCBゴールドカードや三井住友VISAカードは年会費10000円)

巷でゴールドカードと名が付くカードとアメックスの一般カードは一緒のレベルだと思うと、アメックスってすげー!ってなりますよね。

グリーンカードとゴールドカードは、インビテーション(招待)なしで申し込めます。

しかし、ゴールドより上を行くカードがアメックスにはあり、それらはインビテーションがないと所有すらできません。

インビテーションとは、アメックスからカードをグレードアップしませんか?と連絡がある事です。カードの利用額が多く、支払いがスムーズで安定したユーザーにしか持てないカードです。

それが「アメリカンエキスプレス プラチナカード」と「センチュリオンカード」です。この2つはインビテーションなので情報は公開されていません。噂によるとプラチナカードは年会費10万円以上します。

そしてセンチュリオンカードは、世界最高峰のカードと呼ばれていて都市伝説級の扱いです。年会費は、30万円以上、家も戦車も買えるという噂があります。

さらにその上を行くクリスタルカードがあるとかないとか…。実際には戦車は一般人が買えませんし、クリスタルカードも存在しません。

しかし、こういった都市伝説が生まれてしまうぐらいステイタスがあるカードで、セレブが持つカードなんです。

アメックスカードの審査はプロパーカードの方が厳しい

アメックスカードでは「アメリカンエキスプレス」としかカードに書いていないプロパーカードと「ANAアメリカンエキスプレス」などアメックス以外の会社名が書かれている提携カードがあります。

プロパーカードも提携カードも、それぞれにランクがあって一般カードやゴールドカードなどがあります。

で、同じアメックスならば違いってなに?って思いますよね。ざっくりと違いをまとめると、プロパーカードはアメックスのサービスが手厚く受けれます。そして、提携カードはアメックスのサービスを少しと提携先のサービスを少し受けれます。

そしてアメックスの場合は、世界最高峰のブランドとあってプロパーカードの方が審査が厳しいです。と言う事は、ただアメックスカードを持ってみたいと憧れる人は提携カードのゴールドを選べばステイタスに浸れます。

「アメックスのゴールドじゃん!すげーっ!」と、周りの人から羨ましがれるかもしれません(笑)

アメックスの提携カードは「セゾンゴールド アメリカンエキスプレスカード」や「スカイトラベラー アメリカンエキスプレスカード」「ANAアメリカンエキスプレスカード」「デルタスカイマイル アメリカンエキスプレスカード」などがあります。

提携カードとプロパーカードのどちらが良いかは答えはでませんが、アメックスのサービスをふんだんに使いたい!となったらアメックスカードをおすすめしますし、提携先をよく利用したいから提携カードにすると選ぶと良いでしょう。

アメックスカードの入会は電話かネットから

発行したいクレジットカードを選んだら、次はカードの申し込み方です。アメックスは電話申し込みかインターネット申し込みがあります。

電話はただ言う通りに申し込みをこなして行くだけで、インターネットの場合も普通に申し込み用紙に記入していくだけです。攻略なんてありません(笑)

申し込みは戸籍上の名前を記入したり、電話番号やメアドなど一般的なクレジットカードの質問事項と一緒です。

ただし、運転免許証の番号を記入する欄があるので、楽天カードのように免許証不要でカードができる!なんて事はありません。

あと、アメックスはアメリカの会社でも日本語で申し込みできるので安心して下さいね(笑)

庶民には分からない?アメックスカードは空港ラウンジサービスが豊富

アメックスを語る上で決して忘れちゃいけないのが、空港ラウンジサービスです。アメックス=海外旅行ってイメージがあるぐらい空港ラウンジサービスは充実しています。

  • 国内外の空港ラウンジを利用できる。同伴者1名も利用可能
  • 自宅~空港の往復をスーツケース1個、無料で宅配
  • エアポート送迎
  • 無料ポーターサービス
  • 空港クロークサービス

などなど。これらの空港ラウンジサービスは、アメックスのグリーンカード(一般カード)でも利用できるのです。一般カードなのに、まるてゴールド並みのサービスですよね。グリーンカードでも年会費が高い訳が分かります。

アメックスでは一般カードでもこのように様々な空港ラウンジサービスがあるんですが、あんまり空港を利用しないとなると宝の持ち腐れかも…とチラっと思います。

スーツケースを宅配できるのは便利ですけど、自分の荷物ぐらい運べるって方や、ラウンジなんて行かなくても搭乗ゲートには椅子があって待機できるよっていう方は、あんまりアメックスカードの空港ラウンジサービスは要らない気がします。

殿様じゃなく、私は庶民です!って方、私を含めてですが、空港ラウンジサービスは魅力にはなりません(涙)

アメックスポイントは使い道が多い!セレブ系サービスもポイントで買える

AMEXは、ポイントの使い道がたくさんあるのがすごく良いメリットです。「メンバーシップリワード」と呼ばれるプログラムがあり、ほとんどのプロパーカードなら利用できます。

  • カード利用支払いに充当
  • ポイントで旅行(セレブホテルの利用など)
  • 提携航空会社のポイントに移行(ANAやエミレーツなど)
  • 商品と交換(ワインや最新ドライヤーなど)
  • イベントに参加(ホテル割引キャンペーンやゴルフイベント参加など)
  • 店頭でのポイント利用(高島屋やヨドバシカメラなど)

これらがアメックスカードのポイントの使い道です。

やっぱり旅行系のサービスが充実しているように、ポイントも旅行系が多いです。しかし、それだけではなくて商品と交換でもセレブっぽい物から最新の物などもあるので、セレブだけのためのポイント利用ではないのが分かります。

アメックスカードまとめ

アメックスカードはステイタスが高く、世界最高峰のダイエット富豪が大株主だけあってセレブを意識したサービスが充実しています。だから庶民には使いづらい…と思われがちです。

しかし、ただセレブを意識しているだけではなく、あくまでも「空港を利用する人に便利なカード」という印象を受けます。

セレブかどうかよりも、出張や帰省などで空港を利用するかで、アメックスカードを持つと良いでしょう。プロパーカードか提携カードかも、提携先をどのぐらい利用して、メリットがあるかを考えた方が良いです。

-国際ブランドクレジットカード

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.