クレジットカードのショッピング枠で現金化する方法!やっちゃダメですよ!

投稿日:

クレジットカードのショッピング枠で現金化する方法!やっちゃダメですよ!

クレジットカードのショッピング枠は、商品を購入する時に利用するものですよね。クレジットカードは現金なしで買い物ができるのですが、このショッピング枠を利用してクレジットカードから現金を得る事ができるのです。

しかし、クレジットカードから現金を得るのは絶対にやってはいけません。

知らず知らずのうちに犯罪に手を染めないようにするためにも、クレジットカードの現金化とはどんな物なのか知っておきましょう。そして、現金化しても良いパターンも知っておきましょう。

クレジットカードの現金化はショッピングで物を買って換金する事

クレジットカードの現金化は、2種類の方法があります。1つは金券をクレジットカードで購入し、現金を得る方法です。もう1つは、現金化をする業者を介して行う方法です。

金券で現金化する方法

  1. クレジットカードで商品券やお食事券を購入する
  2. 商品券やお食事券を金券ショップで売る
  3. 売ったお金で現金を得る

業者を介して現金化する方法

  1. 現金化の業者に連絡する
  2. 業者が指定する商品を、業者のホームページから購入する
  3. その商品を業者に返品する
  4. 業者があなたに返金する
  5. 現金が手に入る

分かりやすく手順を示すと、上のようになります。

どちらの方法もクレジットカードで購入した商品の金額がそのまま現金になるのではなく、金券ショップや現金化の業者で手数料を取られます。

そのため、実際にクレジットカードで支払いをした金額よりも手元に残る現金は少なくなります。手数料という名目で料金を取られるため、これがキャッシングやカードローンの金利に当たります。

手順だけを並べると、何にも悪い事をしてなさそうですよね。しかし、これがトラブルになりやすいのです。次の章で詳しく説明していきます。

現金化はカードトラブルになりやすくやってはいけない!

なぜキャッシング枠の現金化がカードトラブルになりやすいのかと言うと、そもそもクレジットカードは現金化してはいけないと決まっているからです。

クレジットカード協会がそう書いているため、それに反するクレジットカードは例外中の例外か悪徳クレジットカードです。

なぜクレジットカードを現金に変えてまでも手元にお金が欲しいのかと考えたら、手元に現金がないからですよね。

つまり、お金に困っている状態です。普通なら現金が欲しければ自分の銀行口座から引き出します。しかし、それをしないって事は口座の残高が0かそれに近い状態です。

クレジットカード会社は、お金がない人には厳しいです。お金がなかったらクレジットカードの発行審査には通らないですし、キャッシング枠も付きません。

お金がない→現金化→クレジットカード会社が肩代わりしている請求を返せない→クレジットカード会社が損をする

こんな方程式が成り立ってしまうため、クレジットカードのショッピング枠を利用しての現金化はご法度なのです。もし現金化がカード会社にバレると、規約違反でクレジットカードの利用停止や強制退会にもなります。

さらに刑法で処罰されたり、悪徳業者に騙されて現金化して高額請求になったりと踏んだり蹴ったりの状態になるので、絶対に現金化に手を出してはいけません。

現金化とカードローンはカードローンの方が金利が安くなりやすい

金券を現金にしたり、業者に依頼して現金化すると手数料が掛かるというのをチラっとお話しましたが、一体どのくらいの手数料がかかるのか気になりますよね。

金券換金手数料、業者を介しての現金化、キャッシングやカードローン手数料を比べてみましょう。

「金券ショップで現金化した場合の手数料」
金券の2%~20%が手数料として発生
(実際は、80%の換金率など換金率で示される事が多い)

「現金化の業者を介しての手数料」
ある業者によると、2%~14%
(実際は換金率で示されている)

現金化したい金額やプランによって手数料が変わる

「キャッシングやカードローンの手数料」
0.99~18%が金利として発生

クレジットカードのキャッシングは、カードローンよりも金利が高い

カードローンは、銀行系カードローンよりも消費者金融の方が金利が高い

金利だけまとめてみると、どれも金利はあまり変わりません。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化をするのも、キャッシングやカードローンをするのも手数料として考えれば金額はあまり変わりません。

クレジットカードを現金化して利用規約や法律に引っ掛かるぐらいならば、キャッシングやカードローンなど違法にならない方法で現金を得た方が良いですよね。

キャッシングやカードローンでも、即日融資や1時間以内に融資などスピーディーなので困った時にすぐ現金が手に入ります。

クレジットカードのポイントを現金化するのはOK

クレジットカードのショッピング枠で現金化するのは違法になる可能性が高いのですが、ショッピング枠を利用しないポイントでの現金化は違法にはなりません。

ポイントは、クレジットカードで買う物ではありません。クレジットカードを利用して貯めたポイントなので、ショッピング枠の現金化ではありません。手順を紹介しましょう。

  1. ポイントを貯める
  2. クレジットカードのポイントプログラムで金券とポイントを交換する
  3. 金券を手に入れたら、金券ショップに行く
  4. 金券を現金にすれば、現金を手にできる

ポイントを現金にするやり方は、クレジットカードで金券を買って現金化するやり方と似ています。

カードで金券を買うか、ポイントで金券を得るかです。金券を現金にするため、手数料は2~20%と金券をクレジットカードで購入するパターンと同じです。

その違いだけですが、ポイントで金券を購入して現金にするのは違法ではありません。もしクレジットカードでポイントが貯まっていて、商品券に換金できるならばそれを利用して換金すると良いでしょう。

クレジットカードのショッピング枠で現金を得るやり方は、即日融資できる可能性が高いのですがとてもリスキーです。

もしショッピング枠で現金化しようとしているならば、クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用すれば即日融資ができますよ。

-キャッシング枠・現金化

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.