幻のブラックカードで選ぶおすすめクレジットカードランキング

幻のブラックカードで選ぶおすすめクレジットカードランキング一部の人にしかインビテーションが来ないブラックカード、その特典とステイタスは誰もが憧れる物です。

日本にクレジットカードは星の数ほどありますが、ブラックカードは数えるほどしかありませんし、ブラックカードを発行していないカード会社の方が多く存在します。

ブラックカードはすごいと聞くけど、何がどのようにすごいのか、取得までの道のりなどカード別にブラックカードを見ていきます。

ブラックカードならAMEXのセンチュリオンカード

ブラックカードと言ったらAMEXのセンチュリオンカードです。日本でも発行できるカードで、都市伝説まで生まれるぐらい幻と言われています。

  • 年会費35万円
  • 先にデポジットをすれば億単位の物まで購入できる
  • ファーストクラス、スイートルームへのアップグレードは当たり前
  • NOと言わないコンシェルジュが話題→日本で手に入らないカバンを買ってきてなど

AMEXセンチュリオンカードの道のり

AMEXグリーンカードAMEXゴールドカードに入会し、1年~2年ほど支払いを延滞せずに利用する。カード利用金額は年間100~200万円ほど必要だと推測。

プラチナカードのインビテーションが届く。月間100万円以上の利用をし続けて、5年間はプラチナ会員でいる。AMEXに対しての無理なクレームなどを言わない事。

ブラックカード招待の連絡が来る。ブラックカード希望ならば招待状が来て、ブラックカード会員になる。入会金は50万円。

AMEXのブラックカードについては情報が多いです。

しかし、AMEXのコンシェルジュすらブラックカード入会の審査条件などは会社から明かされておらず、どのぐらいAMEXを利用し続けていればブラックカードが届くか分かりません。

審査情報は極秘ですが、数あるインターネット上の記事から見ると、ブラックカードの入会までの道のりは上記の通りだと思われます。

AMEXブラック入会の必要年収予想

AMEXプラチナの入会に必要な年収は、1,000万円だと予想されています。

そのため、AMEXブラックはそれ以上の年収が必要です。5,000万円ぐらいならば年会費の35万円と入会金の50万円を支払えるのではと予想されます。

ダイナースクラブプレミアムカードはマイルに強いカード

ダイナースクラブの場合、一般カードであるダイナースクラブカードがすでに高い年会費と充実したサービスを持っています。

そのため、その上となるプレミアムカードは非の打ちどころがないカードだと言うの予想されますよね。

ダイナースクラブプレミアムカードは「ブラック」と名前が付いていませんが、一般カードがすでにプラチナ級のサービスなので、その上のプレミアムカードはブラックカードだと言われています。

しかしプラチナカードで検索すると、プレミアムカードもヒットします。

AMEXプラチナの年会費とプレミアムカードの年会費が同じなのでプラチナカードとも考えられますが、ここではブラックカードとして扱っています。

  • 年会費13万円
  • 100円利用で2ポイント貯まる=2マイルに変換できる→変換先はANA、デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空など。
    ※ANAマイルに交換する時の6,000円(ダイナースクラブマイレージ)の参加が無料
  • 高給レストラン、料亭での優待
  • 高級ホテルでの優待
  • 専用デスクでレストラン予約をすると、その場でカード提示しなくても、その場にいなくても支払いができる
  • ANAダイナースクラブやBMWのダイナースクラブカードもプレミアムカードがある

プレミアムカードまでの道のり

ダイナースクラブカードを作る(27歳以上、年収500万円以上が目安、ダイナースクラブホームページにて入会事前審査ができる)

ダイナースクラブカードで年間250万円以上を利用し、1年以上はダイナースクラブ会員でいる事。

プレミアムカードの招待連絡が届き、晴れてプレミアムカードが持てる

ダイナースカードプレミアムの入会年収目安

  • 1,000万円以上~が目安
  • この他にも自宅所有や勤続年数、会社役員かなども審査対象になる

年会費はAMEXのセンチュリオンカードよりも安いのですが、内容は十分に充実しています。年会費が安い分だけ年収目安が下がり、手が届きやすいカードです。

そして、ダイナースクラブはポイント還元率が高く、ポイントは有効期限なしなのも魅力的です。

MasterCardのブラックカードとSBIワールドカード

SBIカードは2018年1月31日をもってすべてのサービスを終了するとのアナウンスがあり、今後はミライノカードという名称のカードが発行されるようです。

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard

プラチナやブラックカードはAMEXやダイナースクラブが多いのですが、SBIカードからはMasterCardのプレミアムカードが発行されています。

国内でMasterCardのブラックカードを持つならば、このSBIのワールドカードに申し込みとなります。

  • 年会費15万円
  • カードに天然ダイヤモンドをあしらっている
  • 国内海外旅行保険が国内最高額の1億2,000万円
  • キャッシュバック率1.2%
  • プライオリティパスへの無料入会あり、同伴者利用制限なし(プラチナカードではラウンジキーの利用)

SBIワールドカード入会までの道のり

ワールドカードは日本唯一のMasterCardブラックカードとあり、希少価値が高いクレジットカードです。

そのため、このクレジットカードに関する情報がインターネットを探しても見つけずらず、インビテーションまでの道のりは詳しく分かりません。

インビテーションからのみブラックカードが発行できるとホームページに書いてあるので、SBIカードを使い続けるしかブラックへの道はありません。

ワールドカードの年会費から考えると、以下がブラックへの道ではないかと考えられます。

SBIプラチナカードへ入会(年会費2万円、入会目安年収400万円)

年間250万円以上のカード利用を1~2年以上続ける

ワールドカード発行

ワールドカード発行の年収目安

年会費がAMEXブラックに近い事から、年収もAMEXブラックと同じく5000万円ぐらいは必要ではないかと推測されます。

ただし、こちらも資産や会員の属性(正社員、会社役員など)を考慮しての審査となるでしょう。

スルガ銀行のごひいきさんになって発行されるスルガVISA Infinite

MasterCardのブラックカードがあるのならば、VISAにだってあります。

こちらもレアなクレジットカードで、名前はスルガVISA Infiniteカードです。なんと、静岡県の地方銀行であるスルガ銀行が発行しているカードなんです。

  • 年会費12万円
  • 島を貸し切りできる、プライベートジェットやクルーザーを貸し切りできる
  • ショッピング利用の1.8%を住宅ローンに繰り上げ返済できる
  • 住宅ローンを組んでいなければ、1.5%をキャッシュバックしてくれる
  • 一括払いもできるが、リボ専用クレジットカード

スルガVISA Infiniteカード発行までの道のり

大前提として、スルガ銀行の大口の顧客になる(株の取引や預金など大きな金額を利用する)

スルガVISAクレジットカードゴールドを発行(年会費5,400円)

プラチナにランクアップさせる(年会費64,800円、インビテーションで入会)

スルガVISA Infiniteのインビテーションが来る

※プラチナカードを持っていなくてもインビテーションは来る

どのぐらいのカード利用をすればインビテーションが来るかは謎に包まれているのが、VISAのブラックカードです。

年会費が12万円とAMEXブラックとほぼ同じ金額なので、恐らく年間100万円~200万円のカード利用が必要と予想されますが、大前提としてスルガ銀行で多くの取引がないと、インビテーションは来ません。

そのため、銀行との取引が大口ならばカード利用代金はそんなに多くなくても良い可能性があります。

スルガ銀行で住宅ローンを組むとインビテーションが来る可能性が高くなるとも言われており、スルガ銀行をメインバンクにする人向けのブラックカードです。

ディズニーランドで幻のレストランに入れるJCBザ・クラス

日本で唯一のプロパーカード会社であるJCBからもブラックカードが発行されています。

その名がJCBザ・クラスです。

JCBカードにはプラチナカードがないため、ザ・クラスはプラチナカードと紹介しているインターネット記事もありますし、年会費の安さからもプラチナカードとしている場合もありますが、JCBカードの最高峰でインビテーションのみで入会可能なので、ブラックカードとして扱っている場合もあります。

  • 年会費5万円
  • JCBはディズニーランドのスポンサーのため、ディズニーランド内のラウンジが利用できる、ディズニーランド内の会員制レストランであるクラブ33に入店できる
  • カタログギフトから商品を選べる
  • JCBが提携するレストランで優待あり

JCBザ・クラスまでの道のり

JCBゴールドカードを取得(年会費1万円)

2年連続でカード利用代金が100万円以上だと、ゴールドザ・プレミアムカードのインビテーションが届く

ゴールドザ・プレミアム(年会費1万円+5,000円)で1年~2年間の利用をする。年間200万円の利用をする。

ザ・クラスのインビテーションが来る

JCBザ・クラスの入会基準年収予想

年会費5万円の安さから、そこまで年収は高くなくても良いと考えられます。

年収が500万円台でもザ・クラスのインビテーションが来たと口コミでありますし、恐らく年収500万円台でもコツコツとゴールドから階段を上がっていければザ・クラスは手が届くでしょう。

ただし、JCBカードはプロパーカードであり、審査は一般カードでも厳しいです。

そのため、最初からゴールドカードが無理ならば、まずは一般カードから信頼を貯めていくのがベストです。

JCBはディズニーランドのスポンサーとあり、ディズニーランドでのサービスが手厚いです。

ブラックカードでも年会費を抑えたい人なら、お勧めです。

しかし、審査はブラックカードなので決して甘い訳ではありませんので、そこは注意です。

格安年会費だけど審査は厳しい楽天ブラックカード

一般カードの楽天カードが大人気の楽天カードですが、そのブラックカードも存在します。

それが楽天ブラックカードです。

しかし、楽天ブラックカードもほとんど出回っていない幻のカードとなり、詳しい情報は謎に包まれています。

  • 年会費3万円
  • 楽天プレミアム(楽天市場で送料分のポイントが返ってくるなどの特典がある)へ1年間の自動無料申し込み
  • プライオリティパスを無料で発行、同伴者2名までオッケー
  • 楽天市場利用でポイント6倍

楽天ブラックカード取得までの道のり

ホームページから楽天ブラックカードを申し込みできますが、原則として楽天カードや楽天プレミアムカード所有者へインビテーションを送る

年間利用代金、利用年数などは情報が少なく、2年経たないうちにインビテーションが来たとか、年間400万円の利用で4年かけてブラックのインビテーションが来たなどが口コミであります。

楽天ブラックカードは、年会費が3万円と安いので審査は優しいと思いきや、申し込みからの入会はほぼ無理だろうと思われます。

原則としてインビテーションなので、楽天カードを使ってインビテーションを待つのみです。

そして、カードはブラックでも内容はそこまで充実しているとは言えず、プラチナカード扱いと言われています。

楽天市場での利用はかなり優遇されており、楽天市場を利用するなら絶対に欲しいカードですが、その他のサービスとなると目玉がプライオリティパスで、他のブラックカードとは少し使い勝手が違います。

ブラックカードで選ぶクレジットカードランキング

5位 楽天ブラックカード

プラチナカードのランクですが、楽天利用のメリットが大きくて分かりやすいカードです。年会費が安く、インビテーションが来ても迷わないで入会できるので5位です。

申し込み方法:楽天ゴールドカードからスタート

4位 SBIワールドカード

ダイヤモンドがあしらわれており、カードデザインが立派なカードで持つ価値ありです。プラチナカードの年会費が格安なので、インビテーションが来るまでコストを抑えれるため、ランクインしました。

終了しました

3位 JCBザ・クラス

ディズニーランドでの優待がユニークで、ディズニーランド好きならば見逃せないカードです。年会費の安さと、ディズニーランドと言う他のカードが真似できない特典が付いているので3位です。

申し込み方法:JCBゴールドカードからスタート

2位 AMEXブラックカード

年会費の高さは断トツで、さすがAMEXです。サービスは十分に良いのですが、年会費の高さから持つ人を選ぶため2位です。

申し込み方法:AMEXグリーンカードAMEXゴールドカードからスタート

1位 ダイナースクラブプレミアムカード

ポイント還元率の高さ、サービスから堂々の1位です。メジャーなブラックカードなので、使い勝手もステイタス感もあります。

申し込み方法:ダイナースクラブカードからスタート

投稿日:2017年2月23日 更新日:

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.