DCカードを特徴別に徹底比較

投稿日:

DCカードを特徴別に徹底比較三菱UFJ銀行が発行するクレジットカードは山ほどありますが、DCカードはその中のほんの少しです。

少ししかないのですが、それぞれが特徴を持つカードなので紹介しがいがあります(笑)どんなカードなのか、3つの主力カードと他の会社と蜜に連携したカードを2つ紹介します。

カード名 DCカード(三菱UFJニコス)
カードの種類 銀行系カード
国際ブランド VISA、MasterCard
ポイントサービス あり
入会特典 2000円分のポイントプレゼントor7000円分のギフトカードプレゼント(カードによって異なる)
年会費 無料~10000円 家族会員は無料~1000円
付帯保険 国内海外旅行傷害保険1000万円~5000万円まで、ショッピング保険100万円~3000万円
お支払い日 15日締め 翌月10日払い

 

DCカードはクレジットカードを持つ国際ブランドの事、三菱UFJニコスが合併した会社

三菱UFJニコスのDC カードを紹介する前に、DCカードってなんなの?って気になりません?聞いた事はあるけど、ぼんやりとしか知らないって人は、この章を読んで下さいね。

DCカードとは、VISAやMasterCardと同じような物と考えてくれれば良しです。

ISAやMasterCardは、認証やデータ送信をする会社です。それが仕事なので、クレジットカードは発行していません。

VISAやMasterCardは、提携先のカードにくっついて支払いをするカードです。

DCカードは、カードの発行までする会社です。データを管理したりもします。DCのマークが付いているお店なら、DCで支払いできます。

日本国内のブランドで、日本ならDCで支払いしやすいのですが、海外だとVISAやMasterCardに比べると弱いです。

しかし、DCカードにはVISAやMasterCardもくっ付ける事ができます。

DCカードが利用できないお店だと、VISAやMasterCardなど契約している物で支払いをします。

DCカードは、ダイヤモンドクレジット会社の商品でした。しかし、三菱UFJニコスに合併されたので、三菱UFJニコスではDCカードが発行されています。

三菱UFJニコスの代表的なDCカードは3つ

三菱UFJニコスのDCカードは、代表的なのが3つあります。一般カード、ゴールドカード、リボ払い専用カードです。

DCカード(一般カード)

DCカード(一般カード)
  • 年会費1250円(リボ払い登録で割引制度あり)家族会員400円
  • VISA、MasterCardから選ぶ
  • ETCカード1000円で追加可能
  • 利用可能額10万円~100万円、内リボ払いとキャッシングは100万円まで
  • 条件クリアで最大2000ポイント獲得(ショッピング利用やリボ登録など)
  • 海外デスクで、レストランの予約や観光情報などが利用できる(ハローデスク)
  • ※国内海外旅行傷害保険なし、ショッピング保険なし
母体が三菱UFJニコスなので、一般カードでも信頼が感じられます。年会費は掛かりますが、海外デスクを利用できるので海外へ行く人に向いています。しかし、国内海外旅行の傷害保険は付いていないため、保険会社の保険に加入するか、2枚目の保険付きクレジットカードを作っていくのをおすすめします。また、ショッピング保険もなしなので高額な商品をクレジットカード払いにする時は注意しましょう。

DCゴールドカード

DCゴールドカード
  • 年会費10000円(割引制度あり)、家族会員1名無料、2人目から1000円
  • 30歳以上で、勤続年数or営業年数が5年以上ある人
  • VISAかMasterCard
  • 2000円分ポイントプレゼント
  • 海外旅行傷害保険 最高5000万円まで(自動付帯)、家族特約1000万円(家族カードを持っていない人でも補償)
  • 国内旅行傷害保険 最高5000万円(保険の種類によっては利用付帯)
  • ショッピング補償300万円
  • 空港ラウンジサービス
  • 利用可能額 50万円~200万円、内リボ払いは50万円~100万円、分割払いは50万円~200万円
年会費は一般的なゴールドカードと変わらずです。空港ラウンジサービスも付いていて、申し分はありません。注目すべきは海外旅行傷害保険が自動付帯で付いてくる所です。クレジットカードを持っていれば、旅行先で保険対象になります。クレジットカードで旅費を買う必要がないので、2枚目のゴールドとして所有するのもいいでしょう。家族特約サービスも魅力的です。

DCカード Jizile(ジザイル)

DCカードJizile(ジザイル)
  • 年会費無料、家族会員無料
  • ポイント3倍
  • 海外旅行傷害保険 最高1000万円(自動付帯)
  • MasterCardのみ
  • ETCカード1000円
  • 18歳以上
  • 7000円分のギフトカードプレゼント
  • ハローデスク
  • 利用可能額 10万円~100万円(※リボ払い専用カード、手数料15%)
リボ払い専用のクレジットカードなので、支払いが毎月一定です。手数料は掛かってきますが、それでも支払い金額が変動すると生活費のやりくりが大変…という方に向いています。 年会費が無料なのに、ポイント3倍や海外旅行傷害保険が自動付帯で1000万円も付いてくるのが大きなメリットです。 リボ払い専用だから少し抵抗がある…という方は、毎月のカード利用を1ヶ月の利用可能限度額からはみ出さなければいいのです。利用可能額が50万円ならば、50万円までのカード利用と決めれば一括で引き落とされます。そうすれば、一般的なクレジットカードと変わらずに利用できます。しかも年会費が無料で海外旅行傷害保険が自動付帯です。使い方によってはおいしいカードです。

DC HONDA Cカード

DC HONDA Cカード
  • 年会費 1500円
  • ETCカード追加で1000円
  • 楽天Edy搭載で、貯めたポイントをEdyか現金で受け取り可能
  • 提携宿泊施設や遊園地などで割引あり
  • ※国内海外旅行保険、ショッピング保険はなし
  • ※HONDAカードのゴールドカードもあり。年会費10000円、国内海外旅行傷害保険 最高5000万円、ショッピング保険300万円
ホンダ車に乗るならば、あっても良いカードです。しかし、年会費が掛かるのに一般カードは保険なしなのが残念な点です。それでもEdyでポイントを利用できるメリットがあり、ポイントの有効活用ができそうです。 海外旅行に行く人ならば、ゴールドにして保険付きにするとメリットがたくさん出てきます。

大韓航空とHONDAカードの場合は、目的がその会社を利用すると明確な理由があればおすすめのカードです。それぞれの会社のメリットを活用できます。大韓航空もHONDAも利用しなくなれば、クレジットカードはすぐに解約できるので気軽に申し込みができます。

DCカードは他の三菱UFJカードに比べるとポイントプログラムが弱い

DCカードは、1000円で1ポイントになります。それだけでなく、分割払いやリボ払いはポイントが2倍になる特典があります。

しかし、他のmufgカードには支払い金額に応じてポイントボーナスがある場合もあり、それに比べるとDCカードは見劣りしてしまいます。

それを打開するために、ポイント名人と呼ばれるサイトを経由して買い物する方法があります。

ポイントが最大で25倍になるので、ボーナスポイントよりもポイントが貯まる率が高くなりやすいです。

ポイント名人はアマゾンや楽天などの大手通販会社が提携しているので、何かしら利用チャンスはあります。

ポイント名人を上手く活用すれば、ポイントは貯まるでしょう。

入会はオンラインか郵送

DCカードの入会の流れを大雑把に書くとこうです。

会員規約に同意

必要事項に入力

申し込み確認メールが届き、審査が始まる

1~2週間でカード発行

審査が終わると、審査終了メールが届きます。そのメールにログインすると審査結果が分かるので、カード到着前に審査がどうなったか分かって便利です。

メガバンクなど一部の銀行は、専用の支払い口座設定ページを開設しています。

オンラインで申し込みをする時に、もし自分が持つ口座が支払いページを持っていれば口座の設定までオンラインで出来て楽ですよ。

DCカードまとめ

三菱UFJニコスのDCカードは、銀行系で信頼があります。そして、年会費の割引制度もあり、決して悪いカードじゃありません。

一般カード、ゴールドカード共に他のクレジットカードにひけを取りませんが、保険が一般カードには付いていない場合もあるので、保険を気にする人はよく考えてからカードに申し込みしたいですね。

-銀行系クレジットカード

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.