クレジットカードの年会費は無料と有料どっちがお得?

投稿日:

クレジットカードの年会費は無料と有料どっちがお得?

クレジットカードって、年会費が無料と有料に分かれますよね。有料の中には条件付きとかもあって、年会費が無料がいいのか、有料がいいのかパニックになっちゃう人も多いのでは?と思います。

私は年会費が無料だといいと思っているんですけど、それでも有料の方がいいと思う事はたくさんあります。そこで、無料をひいきにする私が年会費無料と年会費有料はどっちがいいと思うのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

個人の年会費有料の相場は1000円~5000円ぐらい

年会費が有料とはいったいなんぼぐらいなのか?そんな素朴な疑問がある人のために、年会費の相場について見ていきましょう。

クレジットカードは日本で発行できるものだけで無数にあり、全てのクレカの年会費を調べる事はできませんが、ざっくり言うと誰でも申し込みができるレベルのクレジットカードで1000円~5000円ぐらいが相場です。

誰でも申し込みができるとは、セレブしか申し込み方法を知らないような階級が上過ぎるクレジットカードじゃないという意味です。そういったカードの年会費は、年会費だけで35万円かかるというから驚きです(笑)まぁ、庶民には無用のカードですね。

庶民が持つカードでは、だいたい年会費が1000円~5000円だというのが相場で、それ以上となると少し高いかなぁという感じです。そして、それ以上の年会費がかかると無料とは比べ物にならない特典が待っているわけです。

年会費無料は持っているだけで得

年会費無料のクレジットカード派の私としては、メリットとして感じるのが持っているだけで邪魔にならないという点です。年会費がかからなければ、使わないカードは解約する必要もありません。

よくあるのが、携帯電話の支払いにその携帯電話会社のクレジットカードを持つという話です。

携帯の月々の支払いをクレジットカード払いにすると、携帯電話会社のポイントが貯まって機種変更で安くなるなどです。無料のカードなら、家に置いておいて携帯電話会社の支払いだけに充てるという贅沢な使い方もできます。年会費が有料だと、それなりに特典があるので家に眠らせておくのはもったいないので財布にいれて使おうってなりますが、無料ならどんな使い方をしても問題ありません。

複数枚持っていても管理さえできれば余分な費用はかかりませんし、庶民の味方です。

年会費有料は特典がゴージャスになる

年会費無料派の私が年会費有料のクレジットカードをいいなと思う時は、クレカの特典です。

極端な例だと、年会費が35万円もするセンチュリオンカードの特典は常識を越えています。専任のコンシェルジュがつく、飛行機はファーストクラスにアップグレード、ホテルはスイートクラスにアップグレードなどなど‥。ヤバイっすよね(笑)年会費が35万円だと、こんな感じの特典です。

もっと身近な例を出していくと、庶民が持てるカードの年会費が有料のクレジットカードはポイント還元率が上がる、空港のラウンジが無料で使える、海外旅行の保険が使えるなどなど。カードによって色んな特典がありますが、無料とは一線を引く特典があります。

有料のカードを持っているからこその空港ラウンジの利用などもあり、有料カードを持っているのはステイタスととれる場合もあるのです。無料派の私には絶対に手に入らないステイタス‥。憧れです。

そしてポイントは、年会費がたとえ有料でもその分だけ貯めれば元がとれます。なので、有料だから費用がかかるとは一概には言えません。

選ぶ基準は自分が欲しいカードの年会費はどうなのかで決める

年会費が無料VS年会費が有料というタイトルなので、どっちが良いのか決めなきゃいけないんですけど‥。難しいですね。無料をひいきにしている私でも難しいです。なぜなら、有料でもポイントで元をとるとなると無料の良さがなくなってしまうからです。

じゃあ年会費無料を選ぶべきか有料にするべきか悩んだらどーすりゃいいのよ!

という人は、まずは自分が作りたいカードが有料か無料かチェックしましょう。有料だった場合は、特典がどんなものかもしっかりチェックします。

例えば、年会費が有料で空港のVIPラウンジが使えるとします。だけど旅行にあんまりいけないならその特典は意味ありません。

また、マイルが貯めやすいとなってもマイルを貯めてなきゃ意味がありません。

同じように、年会費有料だとポイントが貯まりやすいとなっていても、いくら貯めれば元がとれるのか、ポイントはいくらにつき1ポイントなのかと計算し、日々の出費で元がとれるのかしっかり計算しておきましょう。

有料か無料かどっちがいいかというならば、作りたいカードな有料なのか、有料だったらその特典は自分に得なのかを考えていくと、カードが選びやすいです。

いくら無料のカードでも、無料の特典がまったく自分に合ってなかったら意味がありませんしね。有料のカードを作った方が得な時もあります。

有料か無料かではなく、作りたいカードがどんな特典なのかというのから考えると、有料でもお得なカードになります。

有料が良いか無料が良いか、カードとあなたの相性次第ですよ。相性が良ければ、有料でも無料でもあなたにとってお得なカードです。

-クレジットカード入門

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.