ポイント重視・還元率で選ぶお得なクレジットカード一覧

クレジットカードで誰もが重視するのが、そのクレジットカードを持つ事で得するのか?ですよね。

「得」はポイント還元率が良いとか、年会費が無料、ステイタスを感じるなど色々な視点から得なクレジットカードを見ていきましょう。

公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較

屋根がある家に住んで普通に生活していれば、誰かが必ずは払っているのは公共料金ですよね。

家のローンが終わろうとも、公共料金は死ぬかサバイバル生活を送るまでなくなりません。

その公共料金をクレジットカードで払うならば、ポイントが貯まって得じゃん!ってなりますよね。では、公共料金を払うならばどんなクレジットカードが良いのか?

そして、そもそも公共料金はクレジットカード払いにしても良いのか?を書いていきます。

公共料金をクレジットカードで支払うデメリット

早速デメリットからお話するのもアレなんですけど‥。

公共料金をクレジットカードで支払うと、マイナス点はあります。それが電力会社の口座振り替え割引と、クレジットカードの利用限度額です。

口座振り替えで割引がある

東京電力の場合、電気料金を口座振り替えに設定すると電気代が月々54円安くなります。

1年間で計算すると、648円です。

これは、クレジットカード払いだと店側が手数料を払わなきゃいけないからです。その手数料を口座振り替えの人に還元しようと言う考え方ではないかと考えられます。

クレジットカードの場合は、割引はありませんが電気料金を引き落としする事でポイントが貯まります。

どっちが得なのかざっくり考えてみると、こんな感じです。

電気代(4人家族の場合)約1.2万円

これをクレジットカードで支払うと、100円で1ポイント貯まるカードならば120ポイントが貯まります。

口座振り替えの場合は54円割引

もし1ポイント1円で利用できるクレジットカードならば、口座振り替えよりもお得になります。

しかし、ポイント還元率が0.5%など低い数字だと、60ポイントしか電気代でゲットできず、さらに1ポイント=0.5円で利用する場合は口座振り替えの方がお得です。

まとめると

  1. クレジットカードで公共料金を払うならば、ポイント還元率が少しでも高いクレジットカードを利用する
  2. 電力会社に口座振り替え割引があるか調べる
  3. 1ポイントはいくらで利用できるのか、クレジットカードのホームページで調べる

この3つが光熱費をクレジットカードで支払う時に大事です。

クレジットカードの利用限度額が少なくなる

もう1つのデメリットが、カード利用限度額です。

カード利用限度額はカード会社やカードの種類、個人によって変わってきます。専業主婦や学生などの収入が少ない人の場合、利用限度額は少ないです。

もしクレジットカードで公共料金を支払ってしまうと、限度額の何割かが埋まってしまいます。そうすると、ショッピングでカードを利用した時にカード払いができなくなってしまう恐れもあります。

限度額を上げるためにはカード会社の審査が必要なので、もしカード利用額と公共料金のバランスが悪ければ公共料金をカード払いしない方が良いです。

  1. 電力会社の割引と、クレジットカードのポイント還元率をチェック
  2. カード利用限度額をチェック

この2つをやっておけば、クレジットカードで公共料金を支払って損はありません。

携帯電話料金は1人5000円~1万円!携帯電話会社のクレジットカードで賢く貯めよう!

ではでは、やっと公共料金を支払うにあたり、どのクレジットカード会社が良いか紹介していきます。

結論からお話すると、公共料金は契約している携帯電話のキャリア会社発行のクレジットカードで支払うべし!なのです。

なぜなら、公共料金の中で携帯電話料金が占める割合が大きいからです。

光熱費と携帯電話料金の月々支払いの目安

水道光熱費(2人~4人世帯)2万~2.4万円

電気代(2人~4人世帯)1万~1.2万円

携帯電話代1人 5000円~1万円

はい。どうでしょうか。光熱費の中で電気代が占める割合が大きいんですが、クレジットカードを発行している電力会社は少ないです。(電力小売がスタートし、これから各社がクレジットカードを発行する場合はある)

そして、電気料金よりも携帯電話の支払いの方が大きい金額なんです。

携帯電話料金は1人あたり5000~1万円なので、家族みんなが携帯電話を持つと支払い金額は電気料金より遥かに高くなる可能性が高いんです。

そして、携帯電話会社はドコモ、au、ソフトバンクの場合、クレジットカードを発行しています。

それも、自社キャリアでのポイント還元率をアップしてくれています。と言う事は、公共料金の中で一番支払い金額が大きい携帯電話のクレジットカードで公共料金をまとめてしまえば、ポイントが貯まってお得なのです!

ドコモdカード

100円で1ポイント貯まる、ドコモ料金は1000円で10ポイント

ポイントは携帯電話料金に充当できる

au wallet クレジットカード

200円で2ポイント貯まる

auでの支払いは1000円で10ポイント

ポイントはauでの支払いができない

ソフトバンクTカード

100円で1ポイント貯まる

ソフトバンクでの支払いは1000円で5ポイント

ソフトバンク料金にポイント充当ができる

大手携帯電話会社のクレジットカードのポイント還元率はこんな感じです。

嬉しい事に、どのクレジットカード会社もポイント還元率が1%とクレジットカード会社全体の中で高還元率なんです。

さらに、この3社はドコモ光、au光、ソフトバンク光などの家のインターネットも契約できて、まとめて通信費がお得になります。

だからクレジットカードで公共料金を支払うならば、携帯電話のキャリアがイチオシなんです。公共料金はずっと支払う物なので、支払ったポイントで携帯電話料金を払えばさらにお得ですよ。

年会費無料で還元率が高い「リクルートカード」「楽天カード」「P-oneカード」

クレジットカードで「得」の意味に一番近いのが、還元率が高いクレジットカードですよね。

ポイント還元率はクレジットカード業界の中でも競争が激しく、嬉しい事に還元率が高いクレジットカードは続々と登場しています。

還元率が高いクレジットカードを選ぶならば、お勧めなのが楽天カード、リクルートカード、P-oneカードです。どれも年会費が無料で、基本ポイントが高いクレジットカードです。

一番人気の楽天カード

ヤフー知恵袋などでもポイント還元率が高いクレジットカードについて質問があるのですが、それで良く登場するのが楽天カードです。楽天カードマンでお馴染みで、認知度も高いです。

楽天カードのポイント還元率は1%です。100円で1ポイント貯まります。基本的なポイントが高い上に、楽天市場ではポイント4倍と自社サービスに強いのが特徴です。

公共料金を払うためには携帯電話会社のクレジットカードが良いと前章で伝えました。

その時のdカード、au walletクレジットカード、ソフトバンクTカードもポイント還元率は1%と高く、自社サービス利用でもっとポイント還元率は高くなりましたが、楽天は幅広い商品を購入すると言う点で、携帯電話のキャリア会社よりもポイントが貯まりやすいカードです。

還元率が高く、楽天サービス利用でもっとポイントが高くなるため、還元率が良いカードと言えます。

ポイント還元率が最も高いリクルートカード

1%あれば高還元率と言われているクレジットカード業界で、頭1つ飛び出ているのがリクルートカードです。

ポイント還元率は1.2%と、基本ポイントがさらに高いクレジットカードです。

しかも年会費は無料なので、年会費を稼ぐために余計にポイントを利用しなくて良しなんです。

楽天も良く利用するけど、ショッピングセンターも良く行くなぁ・・・など、決まったお店を利用する事があまりなければ、リクルートカードで色んなお店を利用し、全て1.2%還元にした方が良いでしょう。

ポイントは貯まりずらいけど割引があるP-oneカード

還元率と言ったらポイントが一番最初にイメージできますが、クレジットカードの中にはポイントが貯まらないカードもあるって知ってました?

P-oneカードは、ポイントシステムはあるけども年会費無料のカードだとポイントはボーナスポイント以外貯まりません。

その代わりに、カード利用で請求時に1%引きしてくれます。値引きで還元してくれるんです。

セールで50%引きの物も、P-oneカードならば51%引きになるなど、店頭価格よりも多く値引きしてくれます。

ポイント還元だとポイントを利用するために交換しなければいけませんが、P-oneカードならば請求時に値引きなので還元がそのまま反映されて便利です。

銀行系クレジットカードを選ぶならmufgカード

「得」をステイタスで表すのならば、銀行系カードでしょう。

クレジットカードは海外だと身分証にもなりますし、カードを提示するのに恥ずかしくないのが銀行系です。流行りも廃りもなく、ずっと持っていても良いカードです。

ダイナースクラブやAMEXは確かにステイタスを感じますが、年会費が高いのでお得からは遠いかな?と思い、あえて紹介はしていません。

年会費が比較的安く、ステイタスもある銀行系カードはmufgカードです。

mufgカードは、ゴールドカードが豊富にあります。その中には、わずか約2000円の年会費で持てるゴールドカードもあります。

銀行系でしかもゴールドカードならば、ステイタス感はありますよね。

年会費が安いのはカードを持っている本人か、クレジットカードにめちゃくちゃ詳しい人しか知りません。そのため、提示してステイタスを感じながらもカードの維持費は節約できるのがmufgカードです。

他にもお得な銀行系クレジットカードはありますが、ステイタスを感じながらお得なのはmufgカードで決まりです。

年会費、還元率、ステイタスの3つから一番お得なクレジットカード5選!

「得」と言うのを年会費、ポイント還元率、ステイタスなどから見てきて、その都度でお勧めのクレジットカードを紹介してきました。では、どのクレジットカードが総合的に得なのか、ランキングをつけていきます。

5位 au walletクレジットカード

携帯電話のキャリアであるauのクレジットカードが5位に選ばれた理由は、提携店にマツキヨやセブンイレブン、イトーヨーカドーがあってポイントアップをしてくれるからです。

普段から利用しやすい店舗でポイントが貯まりやすいので、5位にランクインです。

ドコモなど他のキャリアを使用しているのならば無理にauのクレジットカードを持つ必要はありませんが、auユーザーならば選びたいクレジットカードです。

4位 mufgカード

mufgカードはゴールドカードだけでなく、一般カードからプラチナカードまで様々なカードがあります。1000円で1ポイントとポイント還元率は悪いのですが、ステイタスを気軽に持てるので4位にランクインです。

3位 楽天カード

誰もが知る楽天カードは、ポイント還元率の良さと楽天市場でなんでも買えるため、3位の表彰台に上りました。使いやすさと知名度は抜群です。

2位 リクルートカード

ポイント還元率1.2%で、それがお得なので2位にランクインです。流通系カードのように自社サービスがあまりないのですが、全てのカード利用で高ポイント還元です。

1位 P-oneカード

カード支払い金額がそのまま割引になるユニークさと、一番お得に感じる割引を持つP-oneカードが堂々の1位です。年会費が無料なのに、ここまでサービスが良いクレジットカードはそうそうないでしょう。

まとめ

クレジットカードで公共料金を払う、ポイントを貯める、割引される...。

クレジットカードを利用する事でお得に感じるシーンはたくさんあります。ポイント還元率が良いのが一番の得ですが、ポイントに限らずステイタスや割引なども考えてクレジットカードを選ぶと、本当に自分にとって得なカードが見つかります。

カテゴリ一覧

クレジットカードのポイントを現金化にしたいなら楽天カードとヤフージャパンカードがおすすめ

ポイント重視・還元率で選ぶお得なクレジットカード一覧

クレジットカードのポイントを現金化にしたいなら楽天カードとヤフージャパンカードがおすすめ

クレジットカードで金券を購入し、それを金券ショップに持っていって現金を得るのは違法性が高いのですが、ポイントで金券を得て金券ショップに売るのは違法じゃありません。 「クレジットカードの現金化」は違法と ...

クレジットカードのポイントで商品券(金券)に交換するお得な裏技

ポイント重視・還元率で選ぶお得なクレジットカード一覧

クレジットカードのポイントで商品券(金券)に交換するお得な裏技

クレジットカードのポイントは、貯めたら色んな商品に交換できたり金券に交換できたりもします。金券は現金のように利用できるので、超得じゃん!って思いますよね。 そこで、クレジットカードのポイントと金券の関 ...

クレジットカードのポイントを他社ポイントにできるカード一覧!

ポイント重視・還元率で選ぶお得なクレジットカード一覧

クレジットカードのポイントを他社ポイントにできるカード一覧!

クレジットカードの醍醐味は、ポイントを貯める事!しかしそのポイントの使い方を間違えてしまうと、宝の持ち腐れになってしまいます。 そこで、クレジットカードを他社のポイントにするという方法を考えてみてはど ...

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2017 AllRights Reserved.