プラチナカードを徹底比較してみた!一般カードとなにが違う?

投稿日:

プラチナカードを徹底比較してみた!一般カードとなにが違う?一般的なクレジットカードとプラチナカードは言うまでもなく圧倒的な差があるのですが、どのぐらいの差があるのか正確に答えれる人ってどのくらいいるでしょうか?

なんとなくプラチナカードってすげーって感じがしますが、どのくらいすごいのか利用額や年会費、コンシェルジュサービス、海外旅行保険から比較していきたいと思います。

一般的なカード利用額とプラチナカード利用額は天と地の差

一般的なカードとプラチナカードの違いは色んなところに出てきていますが、まずは身近な利用可能額からです。

一般的なクレジットカードとプラチナカードを比較するために、三井住友VISAカードを参考に金額を見ていきましょう。

三井住友VISAカード

クラシックカードの利用可能額は10万円~80万円

三井住友プラチナカードの利用可能額は最低でも300万円~

 

もう0の数字が違うわけで、金額は比べようにありません。

注目すべきは最低でも300万円~なので、上限は人によっては信じられないぐらい上まで行く可能性もあります。

三井住友プラチナカードの飾り文句は「最高が似合う人」です。かっこいい言葉ですよね。

このように、プラチナカードとなると文字通り桁違いの利用額となっていきます。プラチナとなるとある程度の年収がないと持てないので、利用可能額も上限が人それぞれで謎なのが分かります。

カード会社にとっても安定したお客さんなので、プラチナまでくると使いたいだけ使っていいという感覚に近くなっていきますね。

プラチナカードの年会費は2万円~10万円

プラチナカードってハイクラスなカード!と思っている人も多く、銀座の高級クラブでしかお目にかかれないカードと考えている人もいると思います。私がそうでしたから(笑)

しかし、実はプラチナカードって年会費が安いカードもあるのです。

そして、年会費が高いカードもあります。なので相場というのが非常に分かりにくいのですが、大体2万円~10万円ぐらいの差です。

セゾン.プラチナ.アメリカンエキスプレスカードやMUFGカード.プラチナ.アメリカンエキスプレスカードという2つのプラチナカードは、年会費が2万円です。

しかし、アメリカンエキスプレス.プラチナカードは年会費が10万円以上します。

世界一の最高峰ブラックカードが年会費35万円なので、プラチナカードならそれ以下の年会費となるでしょう。

一般的なクレジットカードの年会費は無料~1万2千円ぐらいです。

やはりプラチナカードの年会費は高いとなりますが、2万円の年会費のプラチナカードと1万2千円の一般的なカードと比べると、プラチナカードに手が届くような感じがしますね。

プラチナカードの年会費は高いけど、年会費が高い一般的なカードと年会費が安いプラチナカードを比べると、そこまで差はありません。

海外旅行保険は、プラチナカードだと最高1億円

海外旅行の保険は、一般的なクレジットカードだと500万円~2000万円ぐらいが最高額です。

保険での最高額と言う事は、死亡などの重大な事です。

また、クレジットカードによっては海外旅行保険が付いていないカードもあります。

プラチナカードの場合、海外旅行保険の最高額が1億円というのが相場です。やっぱり海外旅行保険も、一般的なカードと比べるとズバ抜けていますよね。さすがです。

そして、プラチナカードの特典として空港ラウンジを利用できたり、自宅から空港まで荷物を届けてくれるなどのサービスもあり、一般的なクレジットカードに比べると旅行の特典が手厚いです。

プラチナカードを持ってるようなステイタスがある人は、スマートに旅行できちゃうのです。

コンシェルジュは一般的なカードには真似できない特典!

プラチナカードと言ったら、コンシェルジュの存在です。

これはもう一般的なクレジットカードにはないサービスですよね。プラチナならではのハイクラスな特典です。

プラチナカードのコンシェルジュは、基本的に航空券の予約やお店の案内、レンタカーの予約などが仕事です。旅行のアシスタントという感じですね。

三井住友プラチナカードの場合、コンシェルジュは24時間無休です。好きな時に利用できますが、専任のコンシェルジュではありません。

プラチナカードと言えども、年会費が安いとコンシェルジュサービスがない場合もありますが、年会費が高いカードやクレジットカード会社がプラチナカードに招待するような位が高いプラチナカードの場合はコンシェルジュサービスが付いてくる場合が多いです。

まぁ、チケットの予約も店案内も自分でできる範囲ではあるのでコンシェルジュは利用しなくてもやっていけますが、忙しい人にはコンシェルジュサービスは嬉しい特典です。

ちなみに、世界最高峰のブラックカードだとコンシェルジュが専任で2人付いてくるというカードもあるので、プラチナカードのコンシェルジュよりもすごいです。

プラチナカードまとめ

一般的なクレジットカードとプラチナカードはやはり桁違いのサービスが受けれます。だからステイタスなんです。

年会費が安いクレジットカードなら手が届く範囲なので、プラチナのステイタスに浸りたいなら挑戦してみてはどうでしょうか?

-クレジットカード入門

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.