クレジットカードの審査はどれくらいかかる?審査落ちしてもカードを作るポイント

投稿日:

クレジットカードの審査はどれくらいかかる?審査落ちしてもカードを作るポイント

クレジットカードを作る時に必ずしも通らないといけない道が、クレジットカードの審査ですよね。

審査に掛かる時間は?審査って何を見てるの?落ちやすい人の特徴は?初めてクレジットカードを作る人の審査の参考にしてください。

実際に作ってみた!クレジットカード審査に掛かる時間は1週間~2週間

私はクレジットカードの発行審査に受かった事も落ちた事もある専業主婦です。何枚か今までに作った事があるので、その経験から審査に掛かった時間を解説します。

私の実感だと、どのクレジットカードも1週間ぐらい発行までに掛かった気がします。2週間ぐらいカードが届かないと、審査落ちしたという感じです。

何にも問題なく審査が早く終わればカードの発行が早くできて自宅に届くのが早まります。しかし、問題ありで審査に手間がある場合はカードの発行が遅れたり、問題があって審査落ちをした場合はカードの発行ができなくても審査落ちという通知が遅れて届きます。

つまり、カードがなかなか届かない場合は審査落ちをしている可能性があります。

しかし、中には即日発行可能なクレジットカードもあります。イオンカードなど、イオン内にカードディスクがあってそこで申し込みをすればその日のうちにカードができるなどスピーディーさがあります。

即日発行は、審査がないという物ではありません。審査はありますが、機械で行っているのでスピーディーなのです。即日発行でも申し込み用紙に名前や住所などの個人情報を教えるため、それを機械が読み取って審査ができるんです。

そして、ちょっとカード発行のボーダーライン以下かな?と怪しい人は、即日発行ではなくてしっかりと審査を行った後にカードが後日送付となるか、審査落ちします。

つまり、即日発行でもクレジットカードの審査がないという訳ではなく、審査はあるけど機械でやっているというだけです。

クレジットカードの審査ではブラック情報や職業などが見られる

じゃあその審査で何を見て審査合格か否かと決めているのか?それは「支払い能力」です。

良く聞くワードではないでしょうか?クレジットカードだけではなく、キャッシングやカードローン、住宅ローンなどでも支払い能力は出てきます。

支払い能力は、その人がいくら借金を返済できるかという能力です。具体的には、その人の社会的立場だったり収入、過去のお金の流れから決められるのが支払い能力です。

社会的立場とは、正社員で働いているのか、アルバイトなのか、収入はいくらかなどの収入の安定さや金額です。

無職や専業主婦、学生なども社会的立場になります。また、働いている人は会社名であったりも申し込み用紙に記入します。

過去のお金の流れは、キャッシングで借金をした事があるのか、借金は順調に返せたか、借り入れ額はいくらだったのかなどです。

基本的に、正社員で何年も同じ会社に勤めている人はクレジットカードの審査に通りやすいです。何年も同じ会社で働いているんだから、これからも同じ会社で働き続けて収入はなくならないと読めるからです。

また、何年も働けば給料が上がって収入は増えます。収入が増えれば買い物で今よりも大きな金額を使う事もあります。そうするとクレジットカード会社は儲かります。だからクレジットカード会社は、正社員で何年も働いている人ならば審査はパスしやすいです。

また、過去に借金があった人はそれがきちんと返済され、滞納もなかったなども支払い能力に大きく関わってきます。もし滞納や遅延があると、クレジットカードを作っても引き落としが上手くいかないのではないかと考えられてしまうからです。

こういった支払い能力は、クレジットカード会社によってどの程度の能力があればいいか変わってきます。

支払い能力はそこまで高くなくてもカードを発行し利用限度額を少なくするカードもあれば、支払い能力が少なければ利用限度額を低くしてカードを発行する会社もあります。

どれくらいの支払い能力までが審査を通るかはクレジットカード会社により、審査が甘いクレジットカードと呼ばれているのは審査のハードルが低くて比較的誰もが審査をパスしますが、利用限度額が低く設定したカードが届く場合があるというのが、私がクレジットカード発行で感じた事です。

審査に落ちやすいのはブラック情報ありの人と無職の人

審査が通りやすい人が正社員で勤続年数が長い人ならば、審査に落ちやすいのはその反対を考えればすぐに分かります。

審査に落ちやすい人は「正社員じゃなくて、勤続年数が短い人」です。

正社員じゃないって事は、アルバイトやパートなどです。もっと言えば、無職や専業主婦など収入が0の人です。

だから私は審査に落ちるクレジットカードがあったんです。アルバイトやパートは正社員よりも安定した職ではありませんが、収入が継続的にあるのでそこまで審査に不利ではありません。

しかし、職場の継続年数が浅ければ審査の点数はマイナスでしょう。

そして審査に落ちやすい人の何よりの特徴は、ブラックリストに載っている事です。ブラックリストは過去に債務整理(借金の整頓や自己破産)をしていたりなど過去に借金の何らかのトラブルがあった場合です。

債務整理の場合は、だいたい5年ぐらいはブラックリストに載る事になります。5年を過ぎるとブラックリストには載りませんが、信用がマイナスから0になるので中高年だと逆に怪しいです。

中高年の場合、一般的にはクレジットカードを一度は作って支払いがスムーズになり、信用があるので信用が0だと怪しいのは分かりますよね。

しかし、ブラックリストに載ったとしてもクレジットカードは作れる可能性は十分にあります。私の知り合いは元ブラックでも、クレジットカードを持っています。審査落ちしたクレジットカード会社もありますが、必ずしも元ブラックがクレジットカードを持てないとは言えません。

クレジットカードの審査ポイントまとめ

クレジットカードの審査は1週間ぐらいが目安です。もし審査が遅れているならば、審査落ちしたかもしれません。

しかし、審査落ちをしても別のクレジットカードを申し込んでみる、家族カードを作ってみる、1年ぐらい期間をあけて作ってみるなどをすれば、クレジットカードは作れる可能性は高いですよ。

-クレジットカード入門

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.