なぜクレジットカードは18歳からでカードローンは20歳からなのか?

投稿日:

なぜクレジットカードは18歳からでカードローンは20歳からなのか?

クレジットカードもカードローンも、カード会社からお金を借りて用を済ますというのは一緒なんですが、この2つには申し込める年齢制限の違いがあります。なぜ違いがあるのかと、年齢制限の例外を見ていきましょう。

クレジットカードは大人の入り口の18歳から作れる

まずはクレジットカードです。クレジットカードは、18歳から作れます。

審査があるので審査落ちする場合もありますが、申し込みはできます。18歳ならば学生も申し込みできますし、社会人じゃなきゃダメという決まりはありません。

もちろん18歳は成人じゃないので、保護者の同意は必要です。そして18歳でも高校生は申し込み不可なので、学生というのは大学生や専門大学生など高校を卒業した後の学生です。

クレジットカードは、商品を購入した時に代金を立て替えてくれるようなカードで、商品を購入するのが前提です。なのでクレジットカードは、カードローンよりも目的が限定されていると考えられて年齢制限がカードローンよりも低いです。

18歳からできる事は、クレジットカード以外にも自動車の免許の取得、パチンコ入店、アダルトグッズの購入、18禁のサイト閲覧など大人の入り口です。

また、死刑判決の対象にもなります。クレジットカードはこれらの行為と同等と考えられ、大人の責任が必要とも言えます。

キャッシングを付けると18歳以下は0円になる事が多い

大人の入り口と前章で書いてきましたが、まだまだ18歳は立派な大人とは言えません。そのため、クレジットカードでもキャッシングを付けるのに制限が掛かってくる場合が多いです。

キャッシングはクレジットカードに付いている機能で、オプションみたいな扱いです。しかし、クレジットカードの入会で審査があり、キャッシングでも別枠で審査があります。

そのため、クレジットカードの審査にはパスしたけどもキャッシングでは審査落ちをしてキャッシング枠が0円のカードが手元に届く事もあります。

20歳以下の場合、キャッシング枠が0円になる事がしばしばあります。または、キャッシングが付いても5万円などの低額です。これは無理ありませんよね。まだ未成年なんだから、そんなにたくさんお金を借りれたら怖いですしね。

未成年だけじゃなく、専業主婦や無職でもキャッシング枠は0円で設定される事があります。つまり、キャッシングは未成年で子供だから審査落ちする訳ではなく、返済能力を考えて審査しているのです。

なので、18歳でも学生か働いているかによって審査の通りやすさが変わってきます。いくら未成年は大人の入り口でも、まだまだ若造です。だからキャッシングは付かないのです。

カードローンは自己責任で選択が伴う20歳から

カードローンの場合、申し込みができる年齢は20歳からです。20歳からできる事は、刑事裁判で裁判員になれる、お酒が飲める、タバコが吸える、競馬競輪のチケットが購入できるなどです。

これらをざっくりまとめると、大人の責任を理解して自分で考える年齢ってのが分かると思います。裁判員は自分で考えますし、タバコもお酒も自由だけど後先を考えてねっていうものができる歳です。

カードローンは、ATMで現金を取り出してそれを使うものです。クレジットカードに比べると、現金が出てくるのでお金の使用自由度が増えてきますよね。

例えばお菓子を買いたいとします。お菓子を手に持ってレジに向かい、レジでお菓子とクレジットカードを提出するのがクレジットカードの使い方ですよね。

それがカードローンの場合、まずはATMで現金を引き出します。

その現金を持ってお店に行き、現金とお菓子を提出して購入できます。

カードローンを利用する時に利用目的を聞かれますが、悪い言い方をしてしまえば聞かれるだけで後は何に利用しようがローン会社には分かりません。

つまり、クレジットカードに比べると借金でもお金の利用が自由に聞くのです。だからカードローンは、ある程度の自由があって後先考えられる20歳になってから申し込みができるんですね。

まぁ、正直言うならば18歳でも20歳でも責任を感じるかどうかと言ったら個人差は大きいですけどね。私なんて、18歳でも20歳でも責任の重さの感じ方は同じでしたけど(笑)

個人が責任をどう感じるかにもよりますが、一般的に20歳はある程度の責任を持って行動してね、という歳です。

学生専用の18歳以上OKのカードローン「学生ローン アミーゴ」

カードローンは基本的には20歳からですが、クレジットカードと同じように18歳から利用できるローンも例外であります。

それが学生専用の18歳から申し込めるローンです。学生専用なので、18歳でもバリバリの社会人で働いていたら利用できません。学生証の提示を求められるので、申し込みができなくなります。

しかし、学生専用と言えども20歳に達していなければカードローンを申し込みできないローンもあります。そんな中「学生ローン アミーゴ」ならば18歳から申し込みができます。低金利で少額の貸し付けなのが特徴です。

18歳から申し込みができるローンは、今の所はこのアミーゴだけです。会社は東京にありますが、来店しなくても電話やインターネットでも申し込みは可能です。

学生でも独り暮らしで生活費が足りないとか、サークルの飲み会などの幹事で費用を立て替えなきゃいけない時など、ちょっとした時に利用できるので便利なのが学生ローンです。

しかし、カードローンは借金なので、まずは親にお金の相談をして、それでも難しければ学生ローンに頼むという順序を踏んだ方がいいですよ。

クレジットカードとカードローンの年齢制限まとめ

クレジットカードとカードローンの年齢制限をまとめると、見えてくるのは責任です。責任が負える年齢になったから、クレジットカードやカードローンが申し込みできるんですよね。

お金の問題は一生を左右する問題なので、若いうちからたくさんの金額をクレジットカードやカードローンで使ってしまうと、後から後悔する可能性も出てきます。

だからクレジットカード会社もカードローン会社も責任が取れるぐらいの金額しかやり取りをしないのです。カード会社やローン会社に支えられて若者は育っていくと考えると、心がホッコリします(笑)

-クレジットカード入門

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.