家族カードはなぜお得なの?家族カードを作るメリットとデメリット

投稿日:

家族カードはなぜお得なの?家族カードを作るメリットとデメリット

クレジットカードには、家族カードと呼ばれるカードがあります。

家庭を持っている人はすでに持っていたり、これから利用してみたいな…と思っている人もいるでしょう。そこで、家族カードとはどんな物なのか、メリットとデメリットについても触れていきます。

スポンサーリンク

家族カードは家族みんなで口座を共有する仕組み

家族カードとは、ざっくり言ったら子分カードのような物だとイメージしたら分かりやすいです。

親分は世帯主になる場合が多いです。また、親分を家族カードだと本会員と呼びます。

世帯主は旦那さんだったり、お父さんです。収入が家族の中で一番多い人を本会員にした方がいいです。(理由は後で書きます。)

家族カードを作るためには、まずは本会員がクレジットカードを作ります。そして、次に奥さんや子供がクレジットカードを家族カードとして作ります。

すると家族カードなんだから、クレジットカードで買い物をした代金は本会員と一緒の口座から引き落としになるのです。一言で言ったら共有口座です。

口座は1つなので、利用できるカードの限度額は本会員も家族カードも合算です。800万円まで利用できるとなったら、本会員と家族カードで800万円です。利用限度額は収入などを考慮して決められるので、収入が多い人を本会員にした方が利用限度額の幅が広がって良いのです。

そして家族カードは1人だけじゃなく、2人目など祖父や孫と増やす事ができます。

家族カードがイメージできると、家族カードのメリットもデメリットも理解しやすいと思います。

共有名義の負債の始末は結局は本会員になってしまうのがデメリット

家族カードは共有の口座を本会員も家族カードも利用するため、それがアダとなってデメリットが発生します。そのデメリットは、家族が買い物をした消費のツケが本会員に回ってくるという点です。

例えば、ある仲の悪い夫婦がいたとします。2人は離婚まで秒読みという状況です。そこで妻は、家族カードを使用して高額な買い物をしました。家族カードで共有の口座だった場合、責任は全て本会員の夫にあります。そのため、夫は妻の高額な買い物でもなんでも払わなければいけません。

つまり、家族カードの場合は家族の責任の始末は本会員である人になってしまいます。それがデメリットで、もし離婚が間近になった場合にトラブルになり得るクレジットカードなのです。

また、離婚しなくて仲が良い家族でも浪費家がいてカードを使いまくった場合、それでも責任は本会員にあります。

名義人は明細で各家族の出費をチェックしよう

ではそんな債務の共有を回避するためにはどうすれば良いのか?それは家族みんな仲良く過ごす事なんですよね(笑)

しかし、いくら仲良くしたいからと言っても関係を修復できない時だってあります。じゃあ家族カードが債務を追ったり、めちゃ高い買い物をするのを防ぐためにはどうすればいいの?ってなりますよね。

その解決方法が、明細のチェックを常日頃からやっておく事なんです。

家族カードの本会員である人は、家族カードを所持している人の分の明細を見れます。誰がどのぐらい消費しているのかが分かるので、債務の前兆を見破れるのです。

人って、いきなり高い買い物をする事もあるんですけど、あんまり高い買い物をする習慣がない一般人ならば、高い買い物に一度は足踏みします。

いくら買いたいだけ買っていいよ!と彼氏や親に言われたとしても、悪いかなぁーと無意識のうちにセーブしちゃう習慣があり得るんです。

しかも家族の口座からお金が引き落とされるなら、罪悪感もあります。だからまずはちょっと高い買い物とか、ハードルを少しずつ上げていく場合もあります。それを明細で発見するんです。

「今月はちょっと高い利用料だな。」と、債務の危険が迫る前に家族カードを没収するなどしておけば、いきなり高い買い物されてしかも離婚!と踏んだり蹴ったりは回避できます。離婚秒読みになったら、家族カードの没収は早い段階でやっておいた方がいいですしね。

また、離婚のケースだけじゃなく、家族に浪費家がいればそれも明細で浪費をストップできます。家族カードだけ解約する事もできますし、解約は親分が行います。

家族カードを解約すると反発されるようならば、家族と話し合ってみると良いですよ。浪費家が学生ならば、学生専用クレジットカードは利用限度額が少ないので持たせてみるとか、妻が浪費家ならば妻自身の口座から引き落としされるクレジットカードを作るとかすれば、債務のリスクが回避されるかもしれません。

妻が専業主婦でも審査が甘いクレジットカードはたくさんありますよ。(イオンカードやポンタカード、リクルートカードなど)

ちなみに、家族の明細がチェックできるようになると、家族それぞれが抱えている問題にも気が付きやすくなります。

奥さんの浪費がある店に集中して高額、スーパーなどの名前じゃなかったらホストに通ってるのか?

子供の交際費が以前より増えているのならば、いじめられてる?変な男や女に貢いでる?など。

家族カードはそれぞれの名義のクレジットカードでは見えないお金の流れが分かるので、一家の主は家族の動きを掴みやすくなるかもしれません。

結局家族カードのメリットは年会費が優遇されて保険もついてくる所

本会員の親分からすれば、共有の口座が怖くなるかもしれませんね。共有でも最後は自分の責任になってしまうので、震えが止まらないかも(涙)そこで、少し心温まる家族カードのメリットも紹介しますが、家族カードのメリットは、年会費が無料になったり数100円で済む点です。

家族みんなが有料のクレジットカードを作るよりも遥かに節約できます。また、家族カードでも旅行保険などが付いていて、旅の安心するお供になりやすいです。

無職や専業主婦でも作れるカードはたくさんありますが、中には審査落ちするカードもたくさんあるのは事実です。家族カードならば本会員の審査が通れば家族の審査はそこまでキツくはないので、無職や専業主婦が持てないカードも利用できるのがメリットです。

家族カードはメリットもあればデメリットもありますが、大事なのは本会員が明細で家族カードを見張る事です(笑)家族の変化に気づければ、家族カードは良いカードですよ。

-クレジットカード入門

Copyright© クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術 , 2018 All Rights Reserved.